calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

個人旅行手配の強い味方。エジプト・カイロの日本人宿「ベニス細川家ホテル」

ベニス英日ロゴhttp://www.venicehosokawaya.net/ +エジプト旅行を計画中の皆さま+ 当ホテルなら カイロピラミッド 観光はもちろん、ルクソールアスワンアブシンベル の安くて安心のツアーや、大人気の 砂漠ツアーダイビングシナイ山トレッキング など、様々なプランをご用意しています。 その他 寝台列車手配航空券手配 もおまかせを。 また細かいご希望にあわせたプランニングも可能です! 個人旅行者一人旅 を強力にサポート致します! お問い合わせは、hostel_hosokawaya@yahoo.co.jp へお気軽にどうぞ。

↓クリックお願いします

ランキングに参加してます

人気ブログランキングへ

フォローよろしく

Follow hosokawayahotel on Twitter お得情報もつぶやくかも。

エジプト・旬の果物〜5月中旬〜

 こんにちは!

メール担当の近藤です。

暑くなったり、涼しくなったりの今日この頃・・・

本日は、エジプトの旬の果物をご紹介しようと思います。

エジプトは、果物が案外豊富で、何といっても安いです!
旅行の際には、是非いろいろ試してみて、ビタミン補給を心がけましょう。





これは、メロン。アラビア語で「カンタロープ」または「アナナース」ですね。
日本のマスクメロンほどの甘みはないですが、
冷やして食べると、十分甘くておいしいので、
ついつい食べ過ぎて、お腹いっぱいになってしまうことも。
上記は、1KG2LE(約32円)。
小ぶりのものなら、1KGで2〜3個買えます。
でも、最盛期は過ぎたようで、そろそろ姿を消しそうです。





↑手前は、桃です。これ、アラビア語だと、日本人にはちょっと発音しづらいですよね。
日本語で表記すると、「ホーフ」になっちゃうんですが、
舌の奥の部分を、上顎すれすれに持ちあげて、そこから息をもらして出す音で、
実際には「khookh」って感じでしょうか・・。
「ホーフ」じゃ通じないので、かなり気合いを入れて発音してます。

ちなみに、アラブ版セサミストリート「アラムスィムスィム」にこの「khookh」っていう名のキャラが出てきます。
「桃ちゃん」ってことですね。
オレンジ色の毛むくじゃらのキャラだったと思いますが。
白桃でなくて、黄桃だから、そんな色なんですね。

エジプトの桃、よく熟れたものは、甘酸っぱくてジューシーですが、
小さめのものなど、酸っぱいだけのものもよくまじってます。
残念ながら、日本の白桃には、及びませんね。
上記は、1KG6LE(96円くらい)。

それから、その上は、スイカ。「バッティーフ」
日本のものと違って、縞模様が薄い。
外れもあるけど、うまく選ぶと、果肉は真っ赤で、あまーい。
私は、エジプトですいか嫌いを克服しましたヨ。
写真のものは、なかなか大型で、
1個7LE。(約112円)
小さいものだと、1個2LE(約32円)ぐらいで買えます。



これは、りんご。「トゥッファーハ」
今の時期だけは、エジプト国産りんごが出回ります。

普段は、アメリカや中国からの赤りんごや、シリア産の黄色いりんごなど、輸入リンゴがほとんどで、日本のおいしいリンゴに比べると、味が格段に劣ると思うのですが、
エジプト産リンゴは、酸味と甘みのバランスが程良く、なかなかおいしい。
ただ、かなり小ぶりのものが多いです。

写真撮影時は、大きさと質により、3種類に分けられてました。
安いのが、1KG2.5LE(約40円)
真ん中が、1KG3.5LE(約56円)

そして、一番大きい↓が、1KG5LE。(約80円)








↑ちょっと、写真では色あせていますが、
初夏に出回る、甘酸っぱい、あんず。アラビア語は「ミシュミシュ」
カロチン豊富で、ガン予防効果もあるらしいですよ。
写真のものは、1KG6LE(約96円)。
まだ出始めなので、これからもう少し安くなるはず。

ところで、
当ホテルの前の通り「スーク・タオフェーヤ」にも果物屋台が並んでいますが、
「スーク・タオフェーヤ」は、1年中、いろいろな果物が入手できることで有名らしく、
むしろ旬の果物はわかりづらいかもしれません。
夏の盛りが最盛期のマンゴが、冬でも置いてあったりしますから。
しわしわにしなびてミイラのようなマンゴになってたりしますが。


上記の写真は、いずれも、
自宅近くのスークのものです。

余談ですが、
このスーク、数えられない程の野菜売りや、魚屋、肉屋、果物売りなどが、
数百メートルにわたってずらりと並んでおり、
とにかく賑やかでおもしろい。

ここに7年近く住んでいて、
常々写真を撮りたいなー、と思い続けてたものの、
今まで、カメラを構える勇気がありませんでした。
何故なら、そこは、観光客など皆無の、とにかくローカルな場所。
それでも、何とかそこの住人として、お店の人や、野菜売りのおばちゃんたちに顔を覚えられ、特に違和感無い存在として、スークの風景に溶け込んでいる筈の自分なのに、
カメラを構えるという行為が、スークやそこに存在するエジプト人と、自分との間に、大きな壁を自ら築いてしまうことではないか、と恐れていたから。
冷やかな目で見られたり、冷やかされたりするに違いないと思ってたから。

ところが、今回思いきってカメラデビューしてみたところ、
思いの外、好意的な反応で、びっくり。
果物でも、野菜でも、
カメラを取り出す前に、お店の人に、「写真をとりたいんだけど」と切り出すと
興味深そうにしながらも、「いいよ」と快く言ってくれ、
かといって、必要以上にこちらに構ってくるわけでなく、
適度な距離を保って、皆さん、撮影に協力してくれました。

あれですねー。
7年前は、まだデジカメがここでは珍しかったんですが、
今では、エジプトでも、普通にカメラ付携帯電話とか持ってる人も多いし、
だから、別に、私がデジカメを取り出したって、どうってことないんですよね。
以前は、子供たちとか集まってきて大変だったんだけど。

今後、どんどんこのスークを撮っていきたいと思ってます。
また、別の機会に、このスークについては、たっぷりご紹介したい!

乞う、ご期待です。


クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

  • 2019.09.10 Tuesday
  • -
  • 10:42
  • -
  • pookmark_link
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック