calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

個人旅行手配の強い味方。エジプト・カイロの日本人宿「ベニス細川家ホテル」

ベニス英日ロゴhttp://www.venicehosokawaya.net/ +エジプト旅行を計画中の皆さま+ 当ホテルなら カイロピラミッド 観光はもちろん、ルクソールアスワンアブシンベル の安くて安心のツアーや、大人気の 砂漠ツアーダイビングシナイ山トレッキング など、様々なプランをご用意しています。 その他 寝台列車手配航空券手配 もおまかせを。 また細かいご希望にあわせたプランニングも可能です! 個人旅行者一人旅 を強力にサポート致します! お問い合わせは、hostel_hosokawaya@yahoo.co.jp へお気軽にどうぞ。

↓クリックお願いします

ランキングに参加してます

人気ブログランキングへ

フォローよろしく

Follow hosokawayahotel on Twitter お得情報もつぶやくかも。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.07 Sunday
  • -
  • -
  • pookmark_link
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

エジプトのKFCとエジプト情報

みなさま、こんにちは。

ベニス細川家ホテル、レセプションスタッフのひとみです。

 

まずはエジプト情報からお知らせいたします。

 

今まで片道どこまで行っても1LE(エジプトポンド)だったメトロの運賃が昨日(3/24)から2LEになる、との噂がありましたが、メトロを利用し通勤しているスタッフに確認したところ片道2LEに値上げされていたそうです。

 

ちなみに私も昨日メトロを利用した際に、1LEの時にまとめ買いしていた切符があったのでそれを使ったのですが普通に改札を通過できました。

 

1LE約6円→2LE約12円、と書くと大きな違いには見えませんし、日本人からするとメトロに約12円で乗れるなんて驚きの金額なのですが、今まで10LEで10枚切符が買えていたのに5枚しか買えなくなると思うとちょっと残念です。

 

しかしやはりエジプトは情報がコロコロ変わったり、料金に限らず突然変更があったりと日本に比べ予想外のことが起こることが多いです。

今現在の情報としてお知らせいたします。

 

 

 

 

さて、話は変わりまして最近ケンタッキー・フライド・チキンをよく食べるのですが、ふと「あれ、これって日本にないメニューだよな」と思ったのでご紹介します。

 

ちなみにKFCをよく食べるのはチキンが食べたいからではなく、食べたいと思えるものがあまりなく、消去法でそうなるのです・・・

(やっぱり日本のごはんが恋しいです!)

 

 

 

 

味付けされたご飯の上にチキンが2つのっているライスミール。

 

左下のはバーベキューソースで、他にチリソースも選べます。

 

「お米が食べたいなー」と思ったときはKFCのライスを買うのですが、これが結構美味しいんです。

 

ただ、バーベキューソースはかけすぎると一気にしょっぱくなるので、むしろなくてもいいのではと思っています。

 

 

 

ちなみにエジプトのKFCでは、チキンを買うときに「スパイシーにする?」と聞かれます。

 

長らく日本のKFCを食べてないのであまり覚えていませんが、オリジナルはおそらく日本と同じ味。

 

私はたまにオリジナルも買ったりするのですがエジプト人の人気は断然スパイシー。

 

スパイシーは衣がサクサク、辛い物が苦手な私でも程よい辛さで美味しいと感じるのでぜひお試しください。

 

 

 

エジプトではマクドナルドよりKFCの方が人気があるのか、KFCの店舗の方が多い気がします。

 

当ホテルから徒歩10分程度の所にあるKFCは私が把握しているだけでも4店舗あります。

 

ホテルから近いところにあって、味も無難で(むしろ好き)、メニューに写真もあるから注文もしやすくて、だからしょっちゅう食べてしまうんですよね。。。

 

そろそろめんどくさがらず自炊を再開しようと思います!

 

 

 

↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村
  海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ


贅沢ランチブッフェで素敵な時間

みなさま、こんにちは。
ベニス細川家ホテル、レセプションスタッフのひとみです。

友人と過ごしたカイロでの4日間のご紹介も今回でラストです。
初日から3日目まではエジプト考古学博物館ハーン・ハリーリナイル川ディナークルーズピラミッドとカイロの有名観光地をまわってきました。
最終日は友人のフライトが夕方だったので午後3時くらいまでフリータイム。
目的のものはお昼からだったので、私は朝3時間だけお仕事をし友人は荷物の整理をし11時くらいにホテルを出発し目的の場所へ向かいました。

目的の場所はこちら!


ザ・リッツ・カールトン・カイロ


ようやく昨年2015年11月にオープンしたリッツ・カールトン。
なぜエジプト最終日のこの日にここに来たかというと遡ること3日前のエジプト初日・・・。

エジプト初日の友人と考古学博物館を見学し終えた時、ふと目の前のリッツ・カールトンが目に付いた私たち。
実は友人は私の元同僚なのですが、私は以前日本で観光関係の仕事をしていました。
この友人に限らず当時の同僚・先輩後輩とどこかに出かけると、ついホテル見学をしたくなってしまうのです。

「ホテル見学しよう!」ということになり、考古学博物館の後にリッツ・カールトンへ行きロビーやフロント、トイレなどを見学してきました。
(ちなみにリッツ・カールトンのトイレの手を洗った後に拭くものが、紙や温風ではなくタオルで驚きました。)

見学中気になったのがランチブッフェ。
ホテルの方に料金を伺うとエジプトにしたらかなりお高めですが、たまには贅沢しよう!エジプト最終日はここでランチにしよう!ということになり、最終日のこの日にランチブッフェにやってきたのでした。

一番乗りでレストランに入るとズラッと並んだ美味しそうな料理の数々。
エジプト料理はそれほど多くなく、外国の方に好まれそうなよくブッフェでみる料理が多かったです。

メインの料理の写真は撮らなかったのですが、私が選んだものはこんな感じです。


盛り付け下手ですみません。。。

私が嬉しかったのは生野菜が食べられることと、ドレッシングの種類の多さ!




エジプトのサラダはどれも味付けが同じなので、こんな風に選べると嬉しいです。

正直、メインの料理は美味しいのですが、なんだか物足りない気がしました。
和食や中華があると日本人にはもっと満足度が高いのかなぁと思いました。
やはり日本のブッフェのクオリティが高いことを実感。

そしてデザート!


右上のチーズケーキがかなり美味しかったです。




アラブ菓子もありました。


メロンが甘くてとっても美味しかったです。


デザートは大満足!

エジプトのお菓子は日本人には甘すぎるものが多いのですが、こちらのデザート類は甘さも日本人好みでとても美味しかったです。
小さくかわいらしいサイズのケーキなので全種類食べたいくらいでしたが、種類もたくさんでさすがに無理でした。


気になるご料金ですがサービスチャージを入れて一人300ポンドくらいでした。
ブレックファースト・ディナーの他、この少し前まではクリスマスメニューもあったようでした。
エジプトらしからぬ、落ち着いた雰囲気を味わえ、素敵な時間を過ごせました。

その後は友人と空港まで向かい、友人を見送った後私はホテルに帰ってきたのですが、ホテルに戻るとコシャリが用意されていたので有難くいただきました。
「さっき食べてきたばかりだよね!?」とエジプト人スタッフに驚かれながらも、食べ慣れた味になんだか落ち着いた私でした。笑

友人と過ごした4日間。
久々に友人に会えたことが一番嬉しかったのですが、エジプトを「居住地」ではなく「観光地」として楽しめて新鮮な気持ちになれました。
自分一人では入らないようなお店に入ったり、久々にお土産屋さんで交渉してみたり・・・旅行者になったような気持ちで楽しかったです。

次の日からはまたいつもの日々がスタートし、お仕事の後はお昼寝というサイクルに戻ってしまいました。
最近は寒さもまた厳しくなり、さらに雨が降る日があったりとますます出不精に・・・。
そろそろ気合入れなおして、もっとエジプト生活楽しみます!


↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村







 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ

 

エジプトの国民食「コシャリ」ガイド

みなさま、こんにちは!
ベニス細川家ホテル、レセプションスタッフのひとみです。

私事ですが最近自炊にハマっております。
日本で一人暮らしを3年以上しておりましたが、仕事が激務だったこともあり自炊はしても週に1度か2度程度。
そんな訳で料理の腕は上がらずじまい、料理にそれ程の興味もなく生きてきた私ですが最近自炊を頻繁にしているのには理由があります。

エジプト生活ももうすぐ9ヶ月。
エジプト料理に飽きた・・・とまではいきませんが、やはり食べたいのは日本の味。
先日、日本に一時帰国した際に「だしの素」をゲットしたこともあり料理をしようという意欲がアップ。
自炊をちょこちょこ始めてみたところ、最近料理をするのが楽しくなってきたのです。
毎日勤務中に暇な時間があるとクックパッドを見ながら「今日は何を作ろうかなー」と妄想をしております。

エジプト料理に飽きつつある私ですが、そんな私でも食べたくなるのがエジプトの国民食と呼ばれる「コシャリ」です。
当ホテル周辺に何軒かお店があり、値段も安く、待ち時間も短く、味も好みなのでついつい買ってしまいます。



マカロニ、パスタ、お米、レンズ豆、ひよこ豆、フライドオニオンにトマトソースをかけて食べます。
お好みでお酢や辛いソースを少々。



「早い・安い・美味い(個人差あり)」と三拍子揃ったコシャリ。
大体のお店が小サイズの持ち帰りで5ポンド(約80円)で、女性であれば小サイズで十分おなかいっぱいになるボリュームです。
当ホテルにお泊りのお客様もコシャリを召し上がってるのをよく見かけます。

当ホテル周辺に何軒かお店があるのですがその中でも一番有名なのが「koshary Abou Tarek(アブ・ターレク)」
地球の歩き方にもコシャリの名店として掲載されています。
3階建てのビル一軒コシャリ屋さんになっておりいつも多くの人で賑わっています。
当ホテルからですと徒歩10分程度です。

当ホテルから一番近いお店が「koshary Sayed Hanafy(サイエド・ハナフィー)」
当ホテルから徒歩5分程度の所に1軒、ナーセル駅近くに1軒あります。

そして、私の一番お気に入りのお店が「koshary El Tahiri(タハリール)」
当ホテルから徒歩10分程度です。

お店によってトマトソースの味が若干違ったり、マカロニの硬さが違うのでコシャリが好きな方は自分のお気に入りのお店を見つけるのも楽しいです。

今回ご紹介しましたコシャリ屋さんの場所は以下の場所となっております。

カイロにお越しの際はぜひコシャリを召し上がってみてください。


印がベニス細川家ホテルです。




↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村







 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ

 

日本食レストランへいきました!

皆さん こんばんは! ベニス細川家スタッフのはるかです!
エジプトは今日と明日は大統領選挙だそうですね〜外のいたるところに
次の大統領に確実?になるスィースィーの写真がたくさん掲げてありました。
99% スィースィーさんが大統領になるらしく、さめた感じのエジプト人も
多くいるそうです。

さて話かわって?(選挙あんまり興味ないので)
今日はオーナーのご厚意でオーナーのご家族一同でカイロのザマーレックにある
ヒルトン ザマ―レックレジデンスホテルの真横にある素敵な日本食レストラン「牧野」さん
に連れていってもらいました☆

 
ヒルトンホテルの横に直結していて、ホテルの中からも入ることができるそうです。




外観も素敵です☆

中に入る前に荷物チェックとセキュリティーチェックがあります。
中に入ると日本人スタッフの方とエジプト人スタッフの方が笑顔
で迎えてくれました。

日本料理のメニューを見るだけでテンションが上がってしまいます!
まず最初はサーモンと納豆の巻き寿司から〜 :)
懐かしい日本の味に皆でテンションUPです!!




お次はそれぞれ皆で注文した料理です。
最初はこちら



地鶏の甘酢餡かけ丼&支那そば煮麺^^
エジプト料理では絶対出せないこの餡かけの味が懐かしすぎます!
この料理はビジネスランチで1週間ごとにメニューが変わるそうです。
お値段は 50ポンドです!これで50ポンドはお得だと思いませんか??


お次は


かき揚げうどん♪ とってもおいしそうですね〜!

お次は私が注文させていただいた刺身定食です☆


写真うつり悪いですが、エジプトで生魚は食べれないので。。。
と〜っても生魚が美味しかったです!やっぱり
魚は生で食べるのが一番!日本料理最高〜と感じた日でした!
お味噌汁、おしんこう、ごはんなど付いて75ポンドでした。

価格は日本価格ぐらいですが、日本食に恋しくなった時はいかがでしょうか?
ランチタイムはディナータイムよりも価格はお得だと思います。



最後にオーナーのご好意に甘えてデザートも頂きました^^
抹茶と白玉あずきアイスです!値段が値段だったのでもっと大きな
ものがくると予想していたのですが、来た時びっくり!小さい
お皿に入って値段はこれで40ポンド?だったと思います。
た、高い。。でも抹茶も濃厚で白玉ももちもちしてと〜っても美味しかったです。

今日は本当に幸せな一日でした。オーナーに感謝です!!
この場をかりて本当にありがとうございます!!

皆さんももしエジプトに来られて 日本食が恋しくなった時は
ぜひ行ってみてください。

場所 21 Mohamed Mazhar Street  Zamalek, Cairo 
行き方 タクシーで20分ぐらい  
ヒルトンザマーレックホテルといったほうがわかりやすいと思います。

運賃はまちまちですが大体10〜15ポンドの間ぐらいで混雑によって
変動しますのでご了承ください。

 

エジプトのおふくろの味

こんにちは。
日に日に寒くなってきたエジプトより、
近藤です。

本日は、エジプトの「おふくろの味」について書いてみようと思います。
エジプトで「おふくろの味」といえば、間違いなくコレ。
その名も「マハシ」
簡単に言うと、詰め物です。
コリアンダーやディルなどの香草やトマトなどを細かく刻んでお米に混ぜ、
それをキャベツや葡萄の葉で巻いたり、中身をくりぬいたズッキーニやなす、ピーマンの中に詰めて、スープで炊き上げたもの。
トマトの酸味と適度なスパイス、お米のほどよい食感、そしてそれを包み込む野菜のやさしい甘さが絶妙なハーモニーを奏でます。
なんて、ちょっと大げさですが、なにしろ、エジプト人に、「好きな料理は何?」とたずねると、半数以上の人が「マハシ」と答えるくらいの、皆に愛される、家庭料理の代表格。
日本人の口にも合うこと請け合いです。
あまりエジプト料理が好きでない私も、マハシは大好物。
マハシの中でもとりわけ、キャベツのマハシが好きです。

ずっと以前、まだ日本に住んでいた頃、「マハシが食べたい」と夫に言われ、
どんな料理なのか、ききこみ&軽い調査を行った結果、
「なんだ、ロール・キャベツじゃん!」と1人がてんした私。
早速、いわゆる普通のロール・キャベツをででーんと作って(しかも得意気に)出したところ、大ブーイング
それもその筈、マハシ・コロンボ(キャベツのマハシ)は、細ければ細い方がよいのだとか。
いかに細く小さく作るかが、主婦の腕の見せ所なのだそうです。
指のような繊細さを目指さなければならなかったのに、
私の作ったそれは、
まさしく、こぶし大
繊細どころか、ふてぶてしいことこの上なく。
味は悪くなかったと思うのですが、結局、称賛に値する言葉は、夫の口から決して聞かれませんでした。

その後、エジプト生活がはじまり、義母から作り方をならう機会もあり、
すぐに、マハシ・コロンボが、ロールキャベツとは似て異なる物であることを悟ったのですが、不器用な私は、せいぜい太った芋虫のようなマハシしか作れず、結局、その技を習得できずじまい。
それでも、はじめのうち、それもほんの2、3回だけ、頑張って1人で作ってみたりもしましたが、あまりにも多くの時間と労力を費やすこの料理を、その後、完全に断念。
もっぱら、義母や義姉が作った時にお裾分けしていただくのみとなってしまいました。
それも、昨年引っ越してからは、機会激減。
いつからマハシを食べてないのか考えたみたところ、
1月に日本から父が来た時以来だということに気が付き、
実に半年以上、ほとんど一年近く、マハシ・コロンボを口にしていないという事実に愕然としてしまいました。
どおりで、近頃無性にマハシが食べたくなるわけです。

ちなみに、
お客様がくる時、人が集まる時などに、義母は、腕によりをかけて、マハシを作ります。
日本ではちょっとお目にかかれないような巨大なキャベツ2KGの米を使い、大鍋で作るので、大勢で食べてもみんなお腹いっぱいになります。
父が来た時も、義母は、父が来る前から、「お父さんが来たら、マハシ作るからね」と予告。
父がエジプトに来たら、早速予告通り作って食べさせてくれました。
折しも、1月末からのデモの真っ最中だったため、ろくに外出できない父を気の毒がってか、
さらに、その1週間後、帰国前にも、「もう一度マハシを作ろうか?」というありがたい申し出があったのですが、さすがに、それはお断りしました。
思うに、マハシっていうのは、義母にとっては、ホスピタリティーを体現する料理なのでしょう。

以前、日本語教師をしていた時、
授業の中で、「何のマハシが好きですか?」と学生(初級)に尋ねたところ、
「キャベツのマハシ」「ピーマンのマハシ」「なすのマハシ」という答えに混じって、
「お母さんのマハシ❤」と答えた学生がいました。
むろん、お母さんの中身をくりぬいて、ごはんを詰めた・・・というわけではなくて、
お母さんが作ってくれたマハシ、と言いたかったのですが、
この発言に対する他の学生達の反応が、私も!ぼくも!という感じで、
「私のお母さんは料理が上手です!」という学生がいたかと思うと、
「私のお母さんのマハシが一番おいしいです!」という学生がいたりして、
お母さん自慢バトルみたいになって、とてもおもしろかった。
マハシって、まさしく、「おふくろの味」なんですね。

マハシについて、随分長く語ってしまいましたが、
何故、本日マハシの事について書くことになったかと申しますと、
仕事帰りに実家へ寄って来た夫が、
なんと、おみやげに、義母お手製のマハシを持ち返ってくれたからなのです。
待ってましたー!
喜びのあまり、歓声を上げて、飛びつきました。

そのマハシがこれ↓

キャベツのマハシ

↑あれ、あれ、あれれー。
なんか、美味しそうに見えない。
ちょっとグロテスクにすら見えるのですが。
なんか、虫のサナギぽっくないですか?


でも、実物は、もうちょっと見栄えが良くて、
味はといえば、文句なく美味。
待ち焦がれるていた味だっただけに、
すっかり幸福な気持ちにさせていただきました。
ショクラン、ハマーティ。



↓野菜じゃないけど、

にほんブログ村







 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ハト(平和の象徴)のマハシも
人気ブログランキングへ

↓おいしいですよ。

Follow hosokawayahotel on Twitter

こちらは、レストランでも食べられるので、お試しあれ。






エジプトのケーキもなかなかおいしいんです

 こんにちは、ブログ担当の本間です。

つい数日前のことですが、お客様とスタッフ、一緒に夜のお茶会をしました。




エジプトのデザートの種類は豊富です。パイにクッキーにケーキに菓子パン、何でもあります。
そして、どれもあまーい、です。中には限界を超えた甘さの恐ろしい子もいます。
この前オンム・アリという牛乳にパンを漬け込んだお菓子を食べたんですが、あまりの甘さに途中でギブアップしちゃいました。

甘さでギブアップするなんて、人生30年近く生きてきましたが初体験です。


そんな砂糖爆弾エジプシャンスイーツですが、洋菓子の王様ケーキの場合、日本とほぼ同じ味が楽しめちゃいます。


チョコレートも濃い目の味でおいしいし、タルトもサクサク、チーズケーキもそれなりに濃厚でうまし。
この日はお腹一杯デザートを堪能しました。


しかし、何よりケーキをおいしくしてくれたのが、一杯の紅茶とスタッフ、お客様とのおしゃべり。
おしゃべりは、食べ物をおいしくしてくれる最高のスパイスです。
特に、甘いものを食べているときは欠かせないですね。


・・というわけで、旅先で糖分が足りない、なんか甘いものが食べたいというかた、エジプトのケーキも試してみてはいかがでしょうか。


ちなみに、写真のケーキはホテルから徒歩5分のナーセル駅手前で買ったものです。

それではまた★

ルビー色のアイツ

どうもこんにちは、ブログ担当の本間です。

 今日は、エジプトの夏を乗り切るには欠かせないフレッシュジュースのお話をしようと思います。

まず、エジプトにはあちこちにフレッシュジュースのスタンドがあります。そして、僅か1.5〜3LEほどで新鮮おいしいジュースがガボガボ楽しめちゃうんです。

 おすすめはなんといってもマンゴー。

日本では高級品ですが、ここでは一杯3LEでドロッドロの濃厚マンゴージュースがいただけます。
他にも、ダークフォースとして苺のジュースもかなり美味です。

これは苺をそのまますりつぶしたような食感、ドロッとした果肉だけではなく種のツブツブかんまで味わえます。

どちらも甘酸っぱくて最高。

そして、残る3番手としてカルカデのジュースをご紹介します。

カルカデとは、
ビタミンCの爆弾と呼ばれている乙女の味方の憎いアイツ、ハイビスカスティーのことです。

色はルビー色、味は甘酸っぱく、のどがカラッカラの時に飲むと、すっぱさが体中に染み渡るあの感触。

こちらも最高です。

そんなカルカデファンの私が、とうとうやっちゃいました。



↑ うちのカルカデさん


スーパーでハイビスカスティーを買い、自分で作ってみました。作り方はとても簡単、
カルカデの葉を入れたポッドに沸騰したお湯を注ぎ、(お湯400mlに対して葉は手で軽くすくった程度)30分放置。その間、砂糖をたっぷり入れれば完成。

 味は、残念ながらイマイチでしたが、これでいつでも好きなカルカデが飲める!


もし、本間に「カルカデのブログ見た」といえば、強制的に私のカルカデを飲んでいただく権利をプレゼントいたします(大嘘)。

エジプトのデザート

 こんにちは、本間です。

 今日は暑さもそれほどひどくなく、比較的涼しい日でした。 ホテル内で半そで・短パンという軽装だった私ですが、巨大扇風機の風にあおられる度に「・・・・さぶっ・・」と身を縮めてました。こういう涼しい日もあったなんて、不覚でした・・。

 さて、私のエジプト生活ですが、こちらに来て早くも一週間以上が経過してしまいました。最初は食欲がない、暑いなどと身体がこちらの生活に慣れていなかったのですが、最近は食欲モリモリ、元気です。 そして、消化器官に余裕がでてきたこともあって、最近はエジプシャンスイーツにトライしています。

 ガイドブックにはよく「あま〜い!」などと書かれているこちらのスイーツですが、実際に食べてみると本当に甘い。和菓子のソレとまでは行きませんが、お茶なしでは食べるのはきついかも? でも、以外に上品な甘さなんです

●最近トライしたお菓子
.薀此Ε咫Ε薀弌璽
お米が入ったライスプリン。ドリア好きは絶対に気に入るであろう(と思われる)一品。しかし、米入りなので結構お腹にたまるのです。

▲ンム・アリー
ナッツ入りのミルクにパンが浸してあるお菓子。ナッツがカリカリしてておいしい。ミルクとナッツのハーモニーにノックダウンされました。

オンム・アリー
食べかけてで申し訳なのですが、さきほど腹に収めましたオンム・アリーさんです。

アブドのアイスクリーム

・・・・しかし、やはりおいしいエジプトの甘いものといえばこれ。アブドのアイスクリーム^^ 

 エジプトは本当におかし天国、まだ食べていない甘いものはたくさんある、というわけでこれからどんどん発掘していかなければ。

エジプト 今晩の晩御飯

どうも本間です、こんにちは^^  

 カイロは連日30度超えの暑い日が続いています。しかし、来週は今週よりもっと暑くなるとのこと。これまでの暑さは本格的夏に向けてのウォーミングアップ?・・・というわけで、これから来るであろう猛暑に耐えられるかどうか、ちょっぴりわが身を心配しています。

 それにしてもカイロは暑い。その暑さのせいか、こちらに来てからと言うものの食欲がイマイチ沸きません。普段なら一日三食きっちり食べないとダメな私ですが、「最近は夕飯抜き」なんてことも珍しくありません。

 エジプトはダイエットに最適な国であることを改めて認識!(前回も食欲不振で痩せた人)

 しかし、今日の夜はちょっと事情が違いました。前日あまり食べなかったせいでしょうか・・。「今日は夜は食欲がまともにある!」というわけで、ちょっと外食してきました。

 ホテルから歩いて5分少々にあるレストラン、「エイ・ホレイヤ」。(※ちなみに意味は自由!だそうです。)ここでシーフードを食べてきました。とりあえず、写真でメニューを紹介します。

エジプトのシーフード
★その .掘璽奸璽疋后璽廖5貝類たっぷりですが味はあっさりめ。ライムを搾ってどうぞ。

エジプトのシーフード
★その◆.瓮ぅ鵐妊奪轡紊慮颪離曠ぅ訃討。しつこくない淡白な味で、胃腸が弱り気味な私もペロリと完食してしまいました。

 それにしても、エジプトのレストランメニューのボリュームはすごいです。注文した料理のほかに、アエーシ、ゴマのペースト、サラダ、ピクルス、といろいろ付くものですから、「こんなに食えるかーー!」と思わずつっこみを入れてしまうくらいボリュームたっぷりです。

 かく言う私も、初めてエジプトのレストランで食事をした際に、次々と出てくる料理を前にただ「!?”@×●!!」と目を白黒させた経験あり。

※お1人様の場合、万全の体制を整えてからレストランに入ることをおすすめします。
例: 腹を限界まですかせる。 
   とりあえず胃薬持参、など。 

 さてはて、話は今晩の夕食に戻りますが料理はとってもおいしかったです^^ これだけ食べて、値段も40ポンドと良心的。

「シーフードが恋しい、すしを出せとまでは言わないが、魚を食わせろ!」という魚貝類欠乏症の方、エジプトにお寄りの際にはぜひシーフードも食べてみてください。

エジプト カップヌードルブーム

こんにちは。

HP担当の近藤です。

エジプトでは、風邪が大流行してますが、日本の皆さんはお元気でしょうか。

流行といえば、今、エジプトの小学生達の中で、ちょっとしたカップヌードル流行りとなっているようです。

昼休みになると、学校の売店に、カップヌードルを買い求める子供たちの行列ができるらしい。

もちろん、ちゃんとお湯も入れてくれるようです。

小学生の昼ごはんに、カップヌードルとはいかがなものか、と思いもするけど、エジプトでは、通常、お弁当として学校に持参するものは、サンドイッチONLY、というこどもがほとんどのようなので、まあ、おやつ代わりなのかもしれません。

ちなみに、学校の売店では、おかし・スナック類など、何でも、だいたい市価の2倍ぐらいで売られているのだそうです。

バカバカしいので、うちから持ってくように娘には言うのですが、友達がカップヌードルのため行列を作っているのをみると、本人も無性に食べたくなるらしい。


1年程前までは、カップヌードルなど、まれに大きなスーパーで見かける程度だったのに、エジプトも随分さまがわりしたものです。

いえ、カップヌードルどころか、数年前までは、インスタントヌードル自体、エジプト庶民の間では、ほとんど認知すらされていなかったと思います。

さらに、初めてエジプトを訪れた10数年前には、探してもなかなか見つからず、やっとみつけて食していると、エジプト人に「何?そのへんなマカローナ(※エジプトでは、麺類=マカローナ。スパゲティーもマカローナといいます)」と思いっきり顔をしかめられました。

また、日本人がへんなもの食べてるーって。(※エジプト人は極端に食に関して保守的)


そんな状況がかわりはじめたきっかけは、たぶん、現在エジプトでもっともポピュラーなインスタントヌードル「Indo Mie」がエジプトに進出してきたことだと思われます。

Indo Mie」 は、インドネシアの銘柄なのですが、私の記憶違いでなければ、初めは、製造もインドネシアだった筈。

その頃は、完全な輸入だったので、今より、値段も高かったと思うのですが、いつの間にか、あれよあれよという間に庶民の間に広がり、エジプトのどこでも簡単に手に入るものになりました。

製造も、インドネシアからサウジに移り、さらにいつの間にやら、エジプトで製造されるようになっていました。


10数年前は、インスタントヌードルが、15ポンドぐらいだったのが、今では、1,25LEですよ。(※ホテル周辺では、1,5LEで売られてるようです)
食品価格の高騰が著しいエジプトで、値下がりしている数少ないもののひとつでは。


今では、すっかり「Indo Mie」がインスタントヌードルの代名詞として定着したようです。お味は、といえば、インスタントヌードル天国の日本人の舌にはあまり美味とはいえないようです。

それでも、コシャリとか、サンドイッチに飽き、なおかつ、あまり懐工合のよろしくないお客様が、当ホテルのキッチンでIndo Mie を作っているところにしばしば遭遇します。

日本のラーメン類を長らく口にしていない私にとっては、たまに食べる分には、そこそこイケる。


そういえば、夏に日本に帰国した際、輸入食品を扱う店で売られてるのを発見しました。

日本で売るほどのものじゃない気がしますけどね。

カップヌードル4

↑[「Indo Mie」左が、オニオンチキン味。右の白いパッケージが、焼きそば。これ、なかなかイケます。家では、キャベツのみじん切りを麺と一緒にゆでて、お湯を空けた後、目玉焼きをのせていただきます。 他には、「カレー味」「シーフード味」「ベジタブル味」「ビーフ味」「チキンスペシャル味」」など数種類。]


で、カップヌードルの話に戻すと、「Indo Mie」のカップヌードルがエジプトに流通し始めたのは、半年前ぐらい?でしょうか。 

当ホテルでお客様が今まさに食べようとしてるところを目撃して、知りました。

その後、どこのスーパーへ行っても、カップヌードルが目に入るようになりました。

しかも、「Indo Mie」のみならず、いろんなメーカーのいろんなお味のカップヌードルが。

カップヌードルその1

↑「Indo Mie」カップヌードル、ベジタブル味。


そして、何より有難いのは、以前はめったにみつからなかった、本場タイ製「トムヤム味」のカップヌードルがスーパーで簡単に手に入るようになったこと!

実は、私、世界3大スープの一つであるタイのトムヤムスープが大好き。

辛くて酸っぱくて、複雑かつ華麗な味がたまりません。

このトムヤムスープを手軽に味わえるトムヤム味インスタントヌードルにはとにかく目がないのです。

私とトムヤムとの出会いは・・・と書きたいところなのですが、私にトムヤムについて語らせると、とんでもなく長くなるので、ここでは書くのを我慢して・・・。

ともかく、このカップヌードルブームのおかげで、今や手軽に幸せを手に入れることができるようになりました。

スーパーのインスタントヌードル売り場へ行くたび、血眼になってトムヤム味を探し求めていた過去よさらば。

私のトムヤム好きは、夫へ、娘へ、そして更には娘の家庭教師にまで伝播し、今や、我が家でも、トムヤム味のインスタントヌードルが大流行り。

といっても、激辛ですので、もちろん、チビ達は食しません。

チビ達の寝静まった深夜、もっぱらお夜食として我が家で活躍中。

あまり褒められたものではないですが。

しかも中毒性があるのでは?と思うぐらい、やみつきになります。

カップヌードルその3

↑タイ製WAIWAIブランドの「クイック」。左から、トムヤムシュリンプ味(つまりトムヤムクン味です)、中央が、チリペーストトムヤム味、右が、トムクロン味。 一番おいしいのは、左のトムヤムシュリンプでしょ、やっぱり。残った汁に、ご飯を入れて食べるとトムヤム風雑炊に。付属のチリペーストを全部入れてしまうと、顔全体が痺れるほどの激辛となりますので、ご注意を。トムクロン味は、かなり強烈な臭い。絵をみると、魚が麺の上にのってます。↓

カップヌードルその2


カップヌードル5

↑これは、マレーシア製MAMEEブランドのエクスプレスカップ・トムヤム味。タイ製のに比べて、かなりマイルド。トムヤム味では、このほか、日本でもよく見かけるKOKAブランド(シンガポール製?)のものをカルフールで見つけましたが、これはいまいちでした。


ちなみに、他には、ベトナム製のキングコックという銘柄のカップヌードル(キムチ味もあり。

味は、賛否両論。)や、チュニジア製のトマト味のカップヌードル(スタッフ高橋が食べて、あまりの不味さに飲み込めず、口から出してました。ダンボールの味だったそうな。私は、食べられましたが。)など、なかなか国際色豊か。

Nissinの元祖カップヌードルも売ってるのを見た事ありますね。

お値段は、メーカーによりけりですが、だいたい1つ3LE〜6LEぐらいです。

ま、特に強くおすすめするつもりはさらさらありませんが、スーパーへ行く機会があったら、探してみては。


それにしても、皆さま、風邪にはくれぐれもご注意を。

ほんと、猛威をふるっています。

しかも、どうも、長引くタイプのようです。

基本的なことですが、エジプト旅行中も、手洗いうがいを怠らず、早寝早起きを心がけ、きちんとした食事をして、風邪を撃退して下さい。

せっかくの旅行が風邪で台無しにならないように。

インスタントヌードルなんて食べてる場合じゃなさそうです。


日本語OK・安心快適の日本人宿
ベニス英日ロゴ
http://www.venicehosokawaya.net/


↓ うちの子供たちも
にほんブログ村



 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ スタッフ高橋も
人気ブログランキングへ

↓ 次々と風邪に倒れました。
Follow hosokawayahotel on Twitter
お得情報もつぶやくかも



| 1/2PAGES | >>