calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

個人旅行手配の強い味方。エジプト・カイロの日本人宿「ベニス細川家ホテル」

ベニス英日ロゴhttp://www.venicehosokawaya.net/ +エジプト旅行を計画中の皆さま+ 当ホテルなら カイロピラミッド 観光はもちろん、ルクソールアスワンアブシンベル の安くて安心のツアーや、大人気の 砂漠ツアーダイビングシナイ山トレッキング など、様々なプランをご用意しています。 その他 寝台列車手配航空券手配 もおまかせを。 また細かいご希望にあわせたプランニングも可能です! 個人旅行者一人旅 を強力にサポート致します! お問い合わせは、hostel_hosokawaya@yahoo.co.jp へお気軽にどうぞ。

↓クリックお願いします

ランキングに参加してます

人気ブログランキングへ

フォローよろしく

Follow hosokawayahotel on Twitter お得情報もつぶやくかも。

ハルガダ小旅行

みなさま、こんにちは。

ベニス細川家ホテルのひとみです。

 

 

・〜・〜・・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お知らせ

 

ベニス細川家ホテルでは日本人スタッフを募集中です!

↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

http://v-hosokawaya.jugem.jp/?eid=214

 

・〜・〜・・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

 

今回は先日行ってきたハルガダについてご紹介させていただきます。

・・・と言っても泳がず何もせず1泊2日過ごしただけですのでアクセスくらいのご紹介になってしまいますが、ご参考になれば幸いです。

 

バックパッカーの方にはエジプトのリゾート地と言ったらダハブが有名ですが、ハルガダも紅海に面した有名リゾート地です。

特にロシア人の方がよく来るそうで、ホテルスタッフはロシア語が話せたり、ホテル内や町の中のご案内がロシア語で書かれていたりします。

 

 

カイロからハルガダまではバスで約6時間。

飛行機だと約1時間です。

 

バスは当ホテルから徒歩15分程のところにあるGO BUSというバス会社のターミナルからハルガダ行きのバスが出ています。

ラムセスヒルトンホテル横に「GO BUS」と大きく書かれているのでわかりやすいと思います。

 

カイロからハルガダ行きのバスは日中は1〜2時間に1本の間隔でバスが出ています。

GO BUSはウェブサイトもあるので事前にウェブサイトで時刻表を見ておくといいと思います。

時刻によってバスのランクが変わってくるのでランクによって値段も変わります。

 

私が往路に乗ったのはデラックスプラスというバスでした。

 

 

 

正直なところ至って普通のバスでした。

2列×2のシートで、下には足掛けがあったのですが、復路にエコノミックというクラスに乗り違いが発覚しました。

 

エコノミックはこの足掛けがなく、さらに椅子についているテーブルとその下の物を入れるネットがありませんでした。

 

若干前の座席との間隔も狭いような気もしましたが、そんなに気になりませんでした。

 

 

 

朝8:45カイロ発のバスに乗り、途中お昼12:00頃に一度休憩がありました。

 

 

海外の高速バスにのってこんなにきれいな休憩所初めて!と感激しつつ中に入ると中にはフードコートがあり、売店でお土産やお菓子等も売っていました。

 

フードコートは広いのですが、お昼時だったこともあり3分の1くらいが中国人の団体さんで埋まっていました。

 

フードコートにはケバブ、ハンバーガー、パスタなど数種類のお店があるのですがどれも値段の表記がなく、値段はチェックできずでした。

 

ちなみにやっぱりこういうところのお手洗いは有料なのですが、こちらは2ポンド。

 

以前ギザのピラミッドで4ポンド払ったことがあるのでかなり良心的です。

 

しかもギザのピラミッドのお手洗いより全然きれいでした!

 

ここで30分休憩し、ハルガダへ向かいハルガダについたのは15:00頃。

渋滞もなく順調に来たので、カイロ⇔ハルガダ間は順調にいって6時間くらいみたいですね。

 

GO BUSのターミナルで降ろされるので、ここで帰りのハルガダ→カイロ便の時間もチェック出来ます。

 

バス乗り場なので、やはりバスが着くと多数のタクシーの客引きが。

 

乗り合いのミニバスでも市街地に出れるようですが、今回はとにかくリラックスしに来たので余計な体力・気力は使いたくないと思い気前よくタクシーを使いました。

 

 

ホテルにチェックインし、一休み。

 

 

ホテルのバルコニーからの眺めです。

 

 

 

 

ホテルの目の前の海。

 

曇っていてそんなに海が綺麗に見えず残念。

 

 

 

さて、私はハルガダに行きましたが本当に何もしませんでした。

 

とにかく一人でゆっくりすることが目的だったので、ハルガダ市街を少しお散歩したくらいであとはホテルに引きこもっていました。

 

ということで1泊で満足。

 

当初2泊する予定でしたが満足したので次の日のお昼の便でハルガダを出発し、夜19時くらいにはカイロに着いていました。

 

カイロに到着するときも出発とほぼ同じ場所に着くので便利。

 

ホテルまでは歩いて帰ってきました。

 

 

 

レストラン情報、ダイビング情報などなくてすみません!

 

バックパッカーの方に有名なダハブは過去数回行ったのですが、ハルガダはダハブよりも観光地らしい観光地でお土産屋さんがたくさん並んでいました。

 

高級ホテルが立ち並ぶエリアもあるので、そちらだともっと静かな雰囲気かもしれませんね。

 

ハルガダはカイロからバスで約6時間、ルクソールから約5時間で行けるので「紅海でダイビングしたい!だけどダハブはちょっと遠い・・・」という方には良いかもしれません。

 

もう少し暖かくなったら次は地中海を見に行ってみたいと思います!

 

 

↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村
  海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ


紅海リゾート、ダハブ

みなさま、こんにちは。
ベニス細川家ホテル、レセプションスタッフのひとみです。

昨日から2月。
お陰様で2月も既にご予約いただいている日が多く、問い合わせのメールも何件かいただいております。
みなさまのご予約ありがとうございます。
2月の後半は比較的空いておりますが、前半〜中旬は個室が埋まりつつある日もございますので
卒業旅行や春休みのご旅行でエジプトをお考えの方はお早めにご予約ください。

ご予約はこちらmailhostel_hosokawaya@yahoo.co.jp


エジプト長期滞在してからというもの、カイロからほぼ出ない生活をしていた私ですが、
先日お休みを利用して紅海に面したリゾート地ダハブへ行ってきました!

3日間のお休みを12月のクリスマス前後にいただきどこに行くか迷った結果、
バスで片道8時間以上かかりますが、静かな場所でリラックスが目的だったこと、以前一度行ったことがあるので行き方や泊まる場所も分かっているという理由でダハブに決定しました。

カイロから夜行バスで行ったのですが、お客様からお話を聞いていた通り検問が5回以上あり、結果ダハブまで片道12時間程かかりました。
2014年12月に夜行バスでダハブに行った時は検問は1回、10時間程で着いたので今後カイロからダハブ方面にバスで行かれる方はお時間に余裕を見たほうが良さそうですね。

そんなこんなでお昼ちょっと前にダハブに着いたのですが、久々に見る紅海の海はやはり綺麗でした!


空も青く、海もキラキラしています。
普段カイロで茶色い景色ばかり見ている私はテンションUP。


「今の時期ダハブは寒いよ!」とエジプト人スタッフに散々脅されて来た私でしたが、
日差しが強いからか日中はポカポカ暖かかったです。
日が沈むとやはり寒かったですが・・・。

着いたらダハブの海沿いのカフェで昼ごはん。


こんな感じのプレートが25ポンドくらいで食べられちゃいます。
しかも海沿いのカフェ、ロケーションもバッチリです。


ごはんをおねだりに来た猫さん。
ちなみにダハブ、猫天国なんです。


私の隣に座ったり、膝の上に乗ろうとしてきたりダハブの猫はすっごく人懐っこいです。

ダハブの海沿いのカフェではマンゴーマンゴーというマンゴージュースにマンゴーアイスが乗ったデザートが有名なのですが、今回は食べませんでした。
なぜなら私の目的はチーズケーキだからです!

当ホテルの近くにもにもケーキ屋さんは何軒かありレアチーズケーキは見つけたのですが、ベイクドチーズケーキは見つからず、ダハブにきたらベイクドチーズケーキを食べると決めてきました。
以前ダハブに来たときにベイクドチーズケーキがとても美味しかったのです。


念願のチーズケーキ!
食べた瞬間、かなり幸せでした!
お値段はたしか20ポンドくらいだったの思うのでエジプトにしたらお安くはありませんが、ベイクドチーズケーキにありつけたので大満足です。
当ホテル近辺のケーキ屋さんは一つ6ポンドくらいでケーキが買えちゃいます。
ちなみに次の日別のカフェでまたベイクドチーズケーキを食べました。

夕方海沿いをお散歩し、綺麗な夕日にうっとり。


こんなに穏やかに夕日を見たのはいつ振りでしょうか・・・。

夜は月が綺麗でした。


軽登山が趣味でもっぱら山派の私ですが、こういう素敵な景色を見ると「やっぱり海もいいなー」としばらく海を眺めていたのでした。

次の日朝6時過ぎに目が覚め、泊まっていた宿の屋上に上がってみると・・・


朝日が昇っているところでした。
カイロにいると出勤時間ギリギリまで寝ているので朝日を見たのも久々でした。



この日も海沿いをお散歩し、カフェでお茶をしたり、海を眺めたり・・・。
以前ダハブに来たときに知り合ったカフェの店員さんが私のことを覚えてくれていたのおしゃべりしたり・・・。

3日間の短いお休みでしたが、まったりリラックスできた3日間なのでした。
帰りは朝ダハブ発のバスで帰ってきたのでが検問は3回くらい、所要時間は約10時間でした。

ダハブへは外務省が海外安全ホームページにて危険情報を出しているシナイ半島を通って行くので「ぜひ行ってみてください!」とお客様にお勧めできないのが現状です。
実際、私が以前ダハブへ行った2014年12月と比べると観光客の数は減っています。
当ホテルにお泊りのお客様でダハブに行かれた方、またこれからダハブに行かれる予定の方もたしかにいらっしゃいますが、最新情報に注意しご自身のご判断でご移動いただきますようお願いいたします。



↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村







 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ

 

ピラミッド三昧な一日

みなさま、こんにちは。
ベニス細川家ホテル、レセプションスタッフのひとみです。

本日1月25日は革命記念日。
エジプトは祝日です。
先日大使館から注意喚起メールが届いたりと、初めてエジプトで迎えるこの日が少し不安ではありますが、
エジプト時間お昼の今、何事もなく過ごしています。

さて、前回に引き続き先日日本から友人がエジプト旅行に来たときのことについて書かせていただきます。

カイロ3日目はいよいよカイロ観光の目玉、ピラミッドです!
以前ブログでもご紹介した当ホテルのピラミッドツアーを使いピラミッド三昧な一日を過ごしてきました。

実は前回私がピラミッドツアーに行った時はラマダン期間中ということもあり、
各観光箇所の閉所時間が早まっており、時間の関係で省いた箇所があったのです。
今回はしっかり当ツアーでご案内する4箇所をバッチリ見学してきました!

まずはもっとも有名なギザのピラミッド!


こちらはパノラマポイントから撮影しました。
この日は途中雨がパラついたりとお天気が良くなかったのですが、晴れの日のピラミッドはより迫力があります。

お次は前回かなーりサクっと観光したサッカーラ。


階段ピラミッドです。
ギザほどではありませんでしたが、こちらもなかなか客引きがしつこい・・・。
ギザはラクダの客引きがしつこかったのですが、サッカーラはドンキー(ロバ)でした。

そしてお次はダハシュール。


※写真を撮り忘れたので夏に行った時のものです。

ギザのピラミッドエリアは周囲に住宅街やビルが建っているのですが、
こちらダハシュールは周りは一面砂漠の中にピラミッドがあるので雰囲気がいいのです。
友人はこちらのピラミッドに一番感動してくれたようでした。

最後は前回省いたメンフィス博物館。


有名な横たわるラメセス2世像。





小さな遺跡なのでサクっと観光出来ちゃいます。

この日は朝の9時に当ホテルを出発し、ホテルに戻ってきたのが午後4時頃でした。
ちなみに各観光地の入場料はギザ80ポンド、サッカーラ80ポンド、ダハシュール40ポンド、メンフィス40ポンドでした。(2016年1月現在)

ホテルに戻って休憩したらその辺をブラブラ・・・なんて思いつつ、やはり歩き疲れお昼寝をしてしまい起きた頃には夜8時でした。
その後、友人は最後の夜なので一緒にお土産探しや周辺をブラブラしてこの日もぐっすり就寝したのでした。

翌日は最終日、エジプトとは全く関係のないエジプトらしくない場所に行ってきました!



↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村







 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ

 

ナイル川ディナークルーズ

みなさま、こんにちは。
ベニス細川家ホテル、レセプションスタッフのひとみです。

今回も先日友人がエジプト旅行に来た時のことを書かせていただきます。
4日間という短い滞在でしたので毎日なにかしら観光をしていたのですが、普段昼間はレセプション、仕事が終わったらお昼寝からのまったりタイム、という生活をしていた私は予定ぎっしりの日々が新鮮で毎日夜はぐっすり眠れました。
友人が来る前の日までの3日間、気付けばほぼホテルに引きこもり状態で外に出たと言えばご飯を買いに目の前のスークに行った程度でした。
観光中はやはり疲れてしまい、日頃の運動不足を実感したのでした。

さて、2日目は昼過ぎから「ハーン・ハリーリ」というカイロの一大マーケットに行ってきました。
地図で見ると当ホテルからほぼ一本道で行きやすそうなのですが、ここにたどり着くまでの道がわりとゴミゴミしているので当ホテルから歩いて約30〜40分かかります。
ゴミゴミはしていますが、生活用品点がズラッとならんでいるのでそれを眺めながら歩くのもまた楽しいです。

私たちのこの日の目玉はハーン・ハリーリではありません。
私が友人をぜひ連れて一緒に行きたかったディナークルーズを夜に予約しておいたのです!

夕方くらいにホテルに戻りちょっと休憩してから専用車でディナークルーズに向かいます。


私はエジプトに来て3回目のディナークルーズですが、毎回乗船前はワクワクします!

食事の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、サラダ・チキン・魚・ビーフ・ライス・パスタ・ケーキ・アラブ菓子などがブッフェ形式で並んでいました。


デッキからの眺めはこんな感じ。

普段賑やかでちょっと砂っぽい茶色いイメージのカイロとはまた違うキラキラした夜景が広がります。
この日、たまたま花火が打ち上がり「いい時に来たなぁ」と思っていたら何だかこの花火、あっちの方向に行ったりこっちの方向に行ったり・・・。
「何か変だな」と思いよーく見てみると、エジプト人の少年たちが橋の上から打ち上げていたのでした。


そしてこのディナークルーズ、船内ではベリーダンスやタンヌーラがご覧いただけるのです!


まずはエジプト人のショー?見たいなものから始まりました。


そしてタンヌーラ!
クルクル回り続けて、目が回らないのが不思議です。

残念ながらベリーダンスはダンサーのお姉さんに見とれ、すっかり写真を撮るのを忘れていました。
ダンサーさん達は途中各テーブルをまわり一緒に写真を撮ってくれます。
写真を確認後、台紙に入れ購入も出来ますので旅の思い出にもなりますね。

約2時間のディナークルーズ。
後半はずっとショーやダンスが行われていて船内はかなり賑やかなので、ちょっと落ち着きたい時はデッキに出るのがおすすめです。
ショーやダンスに夢中になっていると気付けばブッフェは終了、と言うこともありますのでご注意ください!
(あとでもう一回アラブ菓子食べよ、と思っていたら気付いたときには綺麗に片付けられていました。)


さて、次の日はいよいよカイロ観光の目玉!あの場所です!

↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村







 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ

 

エジプト考古学博物館へ行って来ました

みなさま、大変ご無沙汰しております。
ベニス細川家ホテル、レセプションスタッフのひとみです。
2016年が明け既に19日・・・月日の流れるのは本当に早いですね。
私がエジプトに来てから10ヶ月も経ってしまいました。

先日、日本から友人がエジプト旅行に来てくれました!
4日間という短い滞在でしたのでカイロに絞り、私も友人と一緒に久々に観光をしてきました。

その中でとてもラッキーだったのがあの有名な考古学博物館です。
友人がエジプトに着いたのが1月7日の昼くらい。
当ホテルから徒歩15分ほどで、16時まで入場可能な考古学博物館に行くことにしたのですが、
なんとこの日まで博物館内写真撮影OKだったのです!

普段はカメラは入場前に入り口に預けなければならず、館内撮影禁止。
しかも10月から修復中だったツタンカーメンが12月中旬に戻ってきたので、ツタンカーメンの写真撮影もOK!

ということで、本日は貴重な博物館内の写真を一部ご紹介します!


こちらは入り口。外はいつでも写真撮影OKです。

ちなみに私、博物館に来るのは2回目なのですが前回見逃してしまった動物のミイラを見るのが今回最大の目的でした。
ミイラになぜか心惹かれ、日本にいた時もミイラ展などがあると足を運んでいた私ですが、
前回博物館に来たときに別料金(2016年1月現在100ポンド)を支払い人間のミイラ室は見たのですが、動物のミイラが展示していることにまったく気が付かず、先日お客様から伺いずっと見てみたかったのです。
しかもこちらは入場料に含まれているので、人間のミイラ室には行かず動物のミイラだけ見た、というお客様も結構います。


写真がちょっとピンボケですが、動物のミイラ室の入り口。


犬のミイラがあったことに驚きました。
なんの動物だったか忘れましたが、この横に大きな何かのミイラもありました。


そしてツタンカーメン!
貴重なツタンカーメンとの2ショットも撮れちゃいます!
やはりここが一番賑わっていました。


「地球の歩き方」にも載っているツタンカーメンの玉座。


ラーホテプとネフェルトの座像。


出口はこちら。
なんだかかわいかったので思わず撮っちゃいました。

残念ながら現在は写真撮影いただけませんが、ツタンカーメンの展示は通常通り行われていますので
カイロにお越しの際はぜひ足を運んでみてください。

次回も友人と観光した場所をご紹介させていただきます!


↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村







 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ

 

カイロの緑豊かな公園で癒しの時間。

みなさま、こんにちは!
ベニス細川家ホテル、レセプションスタッフのひとみです。

早くも9月中旬になりカイロも徐々に気温が下が…ったかと思えばまた気温が戻り、最高気温38度近い日もあった先週ですが最近は夜風が涼しく感じるようになってきました。

とは言えまだまだ暑いエジプト。
観光に行かれたお客様は「暑かったです〜」と帰ってこられます。
最高気温が多少下がっても日差しが強いので、体で感じる暑さはあまり変わらないような気がします。
日中は夏のような暑さですが、お店の中や長距離バスの車内はエアコンが効いていて寒く感じること多いですので、エジプトにお越しの際は半袖だけでなく何か羽織るものをお持ちになるとよろしいかと思います。



さて、本日はカイロの観光地とはちょっと違う「落ち着いてリラックスできる」カイロのスポットをご紹介いたします。

当ホテルからタクシーで約20分、イスラーム地区の東端に位置する【アズハルパーク El-Azhar Park】に先日行ってまいりました。

こういった公園はチケットが必要なエジプト。
ナイル川周辺の綺麗な公園も入場チケットが必要です。
アズハルパークの入場チケットは7ポンド。(2015/09/15現在。曜日によって入場料が変わります。)



エントランスをくぐると噴水がお出迎え。
こんな感じの噴水が公園内に何箇所かありました。


少し小高い丘を登ってみると…





少し先に【シタデル】が見えます。
ライトアップされて雰囲気抜群、夜景もなかなか綺麗です。
夜はこんな感じでライトアップや夜景が素敵ですが、昼間はここからイスラーム地区の雰囲気ある絶景がお楽しみいただけます。


この日は夕日を見たかったのですが気付いたときには夕日は既に沈みかけでした。




公園内には池があり、その横にはおしゃれなカフェも。
昼間にベンチに座りながらここでまったりした時間を過ごすのも癒されます。




ライトアップされた公園内でウェディングフォトを撮っているカップルも何組か見かけました。




今回写真は取れなかったのですが公園内には小さなお子様が楽しめる遊具があるキッズプレイエリアもあります。
カップルはもちろん、お一人でまったり自分の時間を過ごすも良し、ご家族でも楽しめるアズハルパークのご紹介でした。



↓クリックお願いいたします↓
にほんブログ村







 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

↓ツイッターも更新中↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

エジプトへの個人旅行はおまかせ下さい。
ベニス英日ロゴ
 

エジプトのお土産がほしい方へ

みんなん、こんにちは。スタッフのショウタです。


さて今回は、エジプトのお土産を買うのにぴったりな場所をご紹介します。


それは「ハーン・ハリーリ」


場所はカイロ市イスラム地区。


アタバ駅からアズハル通りに向かって真っすぐ20分くらいです。


この「ハーン・ハリーリ」





こんなもの誰が買うんだ?と思うガラクタから





ちょっと「おっ」と思わせてくれるものまで


とりあえず、エジプトのお土産は大体ここでそろいます。


見るだけでも面白い


「ハーン・ハリーリ」


アクセスはとても簡単です。



アズハル通りをずーっとまっすぐ行くと、


「ガーマ・ホセインモスク」が左手に見えてきます。




なかなか立派なモスクですねー。


ここをスタート地点にしていけば


分かりやすいと思います。


「ハーンハリーリ」はかなり大きな市場になっているので


ついつい何度も足を運んじゃいます。





中は迷路のようになっています。





ここはお土産だけでなく日用生活雑貨もそろうので


毎日のように観光客だけでなく、地元民でにぎわいます。





そんな数ある中でも以外に人気なのがこちら




これは水煙草(シーシャ)と呼ばれるものです。


日本ではあまり見ない水煙草ですが


タバコを吸えないイスラム国(もちろん喫煙者もいます)


にとって、水煙草と甘ーい紅茶は嗜好品なのです。


大体のカフェにはこの水煙草が置いてあります。


これが何と3000円ほどで買えちゃうんです。


すごくやすいですねw



個人的にはこのエジプトの楽器に目が留まりました。


ちなみに上の水着のような物は


エジプト名物のベリーダンスと呼ばれる踊りの


踊り子の衣装です。






あとエジプトのスカーフは結構有名です。


鮮やかな色合いとなかなか触り心地がいい生地。


あとは香水、香水瓶などですね。


みなさんも是非この


「ハーン・ハリーリ」でお気に入りのお土産を見つけてみてください。









 

死者の街

JUGEMテーマ:海外旅行 総合
こんにちは、スタッフのショウタです。


今回はエジプトカイロ市の中でもちょっと変わった穴場を


こっそりとご紹介します。


⦿ピラミッドと博物館はもう行ってカイロでやることが無い


⦿アフリカを南下していく為のビザ待ちで退屈


⦿カイロのごみごみした場所とちょっと違う場所に行きたい


そんな人にぜひおすすめです。


その名も


「死者の街」


名前を聞くと死体がゴロゴロ転がっていて。。。


っていうイメージですがそうではありません。


ただ「死者の街」というだけあって


治安はちょい悪ですw


その理由は後で説明します。


なので行かれる時は大人数の方がベストですね。


とりあえず。。。


こんなところです。





何とも鮮やかなモスクの数々。






町並みも鮮やかできれいなのですが


これが「死者の街」と呼ばれている由縁なのです。


なんとこの家の数々。実は


お墓


なのです。


つまりお墓に人が生活している=「死者の街」


という訳なのです。


ここは昔の


マムルーク朝時代の墓地


が点在しているのです。





(注)ここは民家ですw


確かにお墓がたくさん


町並みはこんな感じです。












結構入り組んでいてまるで迷路のようです。


ここには中世のころから、


貧しい人びとが家具を持ち込んで暮らし始めました。


勿論深い信仰心をもって生活している人もいます。


現在はこの地区に


2万人もの人


が住んでいるみたいです。


道が舗装されていない所が多く


ちょっとわきにそれると、まったく人気のない


人目につかない場所がたくさんあるのです


加えて、野犬や野山羊?もたくさんいるので


余り治安がよろしくないという事です。


ちなみにこの地区は一応


世界遺産登録


されており


昔の1£札の裏面に印刷されている


カーイトゥベーイの墓もあります。






しかしここは全く観光地化されておらず


地元民の暮らしを生で体験できます。


実際僕が行った時も多くの子供たちに出迎えられましたw





最初、バクシーシ(チップの事)のために群がってきているのかな


と、警戒していましたが、


ただの無邪気な可愛い子供たちでした。





中には小さなムスリムも。。。


小さくても立派なムスリムなのですね。


とまあ素晴らしい景色が味わえる「死者の街」なのですが


ヤッパリ一本路地に入ると治安が悪いです。


いかれるときはお気をつけて。


以上ちょっとした穴場スポットでした。
 

| 1/1PAGES |