calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

個人旅行手配の強い味方。エジプト・カイロの日本人宿「ベニス細川家ホテル」

ベニス英日ロゴhttp://www.venicehosokawaya.net/ +エジプト旅行を計画中の皆さま+ 当ホテルなら カイロピラミッド 観光はもちろん、ルクソールアスワンアブシンベル の安くて安心のツアーや、大人気の 砂漠ツアーダイビングシナイ山トレッキング など、様々なプランをご用意しています。 その他 寝台列車手配航空券手配 もおまかせを。 また細かいご希望にあわせたプランニングも可能です! 個人旅行者一人旅 を強力にサポート致します! お問い合わせは、hostel_hosokawaya@yahoo.co.jp へお気軽にどうぞ。

↓クリックお願いします

ランキングに参加してます

人気ブログランキングへ

フォローよろしく

Follow hosokawayahotel on Twitter お得情報もつぶやくかも。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.13 Sunday
  • -
  • -
  • pookmark_link
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

エジプト考古学博物館に行こう

みなさん、こんにちは〜

 

 

ベニス細川家、日本語スタッフの花崎です〜

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィーク、終わっちゃいましたね。。。明日からはまた日常に引き戻されるという方も多いのでは。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて改めまして、期間中にホテルにお越しいただいたお客様、

まことにありがとうございました。

多くのお客様にお越しいただき、うれしい限りです(^^)

今後とも当ホテルを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

暑い!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

夏ですね〜。エジプトは最高気温が38℃を行き来する日々が続いております。

まだ大気の状態は不安定ですが、もう少ししたら完全に夏になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに5月の中旬からはラマダーンが控えております。ラマダーンってのは断食月のこと。詳しく書くと長くなるので省略しますが、イスラム教徒は宗教的な理由から、1年のうち1か月、日中に断食を行うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ラマダーンの話は、今使っちゃうとネタ切れを起こすのでまた近々書くとして(本当かなぁ)

 

 

 

 

 

 

 

本日は考古学博物館に行ってきました!!!!!!!(今更)

 

 

 

 

 

 

ベニスのスタッフとして勤務を始めて早5か月、ついに徒歩15分の博物館へ、、、どんな引きこもり生活送ってるの君、、、

 

 

 

 

 

 

 

個人的な話をすると考古学博物館は2回目。1回目(1年半前?)は、あまりの展示物の多さに目が回り、疲労のため短時間で退出するという失態を犯してしまったため、今回は体調を万全に整えて突入いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この考古学博物館なのですが、行ったことがある人はわかると思います、とにかくでかい。

 

 

 

 

 

 

どうやらあのバカでかい博物館の中にはおよそ20万点もの展示物が眠っているのだそう。

 

 

 

 

知らない人のためにもう一度書きますが、本当にとにかくでかいんです。

 

 

 

 

 

 

「博物館とピラミッド一日で回ろ〜」っていうお客様、たくさん見かけるんですが、そのポテンシャルにおじさんはついていけません。。。。。あんな博物館見たらもう体力限界やって。。。。。。

 

 

 

 

 

ちなみに料金は2018年5月現在、入場120ポンド(学生60ポンド)です。学生証持っていきましょう。60ポンドの差額で超豪華なディナーが食べれますので笑

 

 

 

 

 

門をくぐると、うぉーやっぱでけぇぇぇぇぇぇぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにツタンカーメンのマスクやミイラが眠ってるのね。。。

 

 

 

 

さて、入り口でチケットを買って入場。

 

 

 

 

入って正面、どでかい像が座ってます。あれ、アブシンベルにいるあいつでは・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(君、室内にいたらなんだか窮屈そうだねぇ)

 

 

 

 

 

 

さて、この博物館。「これ展示。。。?」というレベルでその辺にぽいぽいポイポイ展示物が置いてます。

 

 

 

 

全然触れます。触るの禁止!!!って書いてますが、皆様べたべた触ってバシバシ写真撮ってます笑

 

 

 

 

たまに係員に「おいっ」って言われますが、ソーリーソーリーで逃げれちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

空間に入るとそこら中に遺跡のパーツらしきものから、発掘された装飾品、像、棺桶、椅子、人形、パピルス。

 

 

 

 

 

(どれが大事か全然わかんねぇな・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

見るだけでも楽しいですが、是非観光の際はガイドを雇っていかれるとよいかと存じます。。。

 

 

 

 

 

 

 

いやしかし、この博物館を見てると、なんだか不思議な気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

およそ3000-4000年前に生み出された数々の遺産。

 

 

 

 

 

めちゃくちゃに展示されているがゆえに大したことないものに見えてしまいがちですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石碑1個でも、よく考えたらすごい話ですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

4000年前、日本はまだ縄文時代です。

 

 

 

 

縄文時代ってのは、まだ文字もない、ワーワー言いながら動物を追っかけてる時代です。

 

出てくるのは扱いやすい土器だったり、石器にしても荒い無骨なものが多いじゃないですか。これならまだ作るって言われても想像がつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、こちらはどうでしょう。超精密なデザイン、きちんと意味を成す文字列。土器じゃなくて石です。これだけ精密に石を切って掘ってデザインする技術の高さ。絵柄から滲み出る信仰心。

 

 

 

 

 

 

どんだけ発達した文明だったんだ、エジプト文明。

 

 

 

 

 

 

どういう気持ちで作ってたんだろう。死んだ後に生まれ変われると信じ、見たこともない神様の姿を掘って、王様に捧げて。それが4000年後の今、発掘され目の前にあるわけです。作った人のこと考えたらぞわぞわってします。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に絵とか文字って、石の塊と比べて人の営みを強く感じるので(型があるわけでもないのにこんだけ均等な大きさで文字を書いてるのとか、想像したらすごい)、そういうのもあって疲れるんですよ博物館。当時の人の「念」が襲いかかってくるというか。(一応断っておきますが、特殊な霊力を持っているとかではありません)

 

 

 

 

 

 

ザーッと流し見すれば2時間もかからないんですが、そんなこんなで思いを馳せていると何時間あっても足りない巨大博物館なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、設定上のクライマックスはツタンカーメンの黄金のマスクと、ミイラ室に眠る古代のファラオたちのミイラです。

 

 

 

 

 

僕が変に解説を突っ込んで台無しにするのもあれなので、是非実際にご覧になってみてください。(この2つは写真禁止なのです。。。係員にチップ渡したら撮れるらしい。。。)

 

 

 

 

 

 

個人的には、ツタンカーメンは「ほう。。。(こんなもんね)」←偏見です

 

 

 

 

 

ミイラは、作ってるところを想像して軽い頭痛を覚え短時間で退散しました。。。1年半前の話です。。。今回はパス。。。

 

 

 

 

 

 

 

業務的な話をすると、ミイラ室には追加料金がかかりますのでご注意を。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやしかし、エジプト文明の歩みにこんなに近くで手軽に触れ合える場所もなかなかないと思います。(個人的には逆にその手軽さに一種の気持ち悪さを感じたりもするんですが。。。)

 

 

 

 

 

 

皆さんもぜひ、足を運んでみてください(^^)/

 

 

 

 

↓花崎くんは↓
にほんブログ村
  海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

 


↓ラマダーンで断食を↓
Follow hosokawayahotel on Twitter

 

 

するのかなぁ???
ベニス英日ロゴ


| 1/208PAGES | >>